ふくしまの現状を見つめるKOBEウィーク

2014年06月12日

東日本大震災からまる3年以上が経った今も、福島をはじめとした東日本では、多くの子どもたちが放射性物質の影響や不安などにより、屋外で遊べない状況に置かれています。原発事故は、放射能汚染地域に住む人々に、様々な健康的・心理的・経済的な影響を与えています。ふくしまの現状や避難者の方の想い、被曝から守るための現地での取り組みをお聞きし、遠くに住む私たちに何ができるか、考えていきたいと思います。

開催概要

Week1: 原発避難者の現状

  • 日時: 2014年6月12日(木) 12:30~13:00 (終了後、フリートーク・タイムあり)
  • 話題提供: 鈴木 一正 (神戸大学大学院人間発達環境学研究科)
  • 会場: 神戸大学国際文化学部キャンパス M303教室
  • 内容: 原発避難者の概要や放射能汚染の実態を知り、これからの支援について考える。

Week2: 保養プログラムとは (各保養プログラムのボランティア募集案内を兼ねる)

  • 日時: 2014年6月19日(木) 12:30~13:00 (終了後、フリートーク・タイムあり)
  • 話題提供:
    • 小野 洋 (福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト代表)
    • 鈴木 一正 (神戸大学大学院人間発達環境学研究科)
  • 会場: 神戸大学国際文化学部キャンパス M303教室
  • 内容: 保養プログラムの紹介と意義。夏休みに関西で行われる保養プログラムのボランティア募集情報もあります。

Week3: 母子避難させているお父さんの考えていること

  • 日時:2014年6月23日(月)
    • 第1部 12:30~13:10 「母子避難させているお父さんの考えていること」
    • 第2部 13:20~14:50 「ふくしまの現状」 (健康問題・行政の対応・住民の考えなど)
  • 話題提供: 荒木田 岳 (福島大学行政政策学類准教授)
  • 会場: 神戸大学国際文化学部キャンパスK402教室
  • 内容: 自身は福島に残り、妻子を新潟に母子避難させている父親の立場から、「脱被曝」を実体験にもとづいて語る。

※ 参加申込不要・無料・神戸大学の学生以外の参加も可能

※ 託児が必要な場合はあらかじめご連絡ください。

主催・問合せ先
神戸大学学生ボランティア支援室
TEL: 078-803-6256
FAX: 078-803-6028
E-mail: hq-vol@lab.kobe-u. ac.jp
※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

(神戸大学学生ボランティア支援室)