第4回神戸大学統合研究拠点サロン「来たるべき大震災に備えて」

2014年08月01日

神戸大学統合研究拠点におきまして、神戸大学統合研究拠点サロンを開催いたします。

日本列島の関東以西には、東海・東南海・南海等の南海トラフで発生する巨大地震が知られています。西日本に来たるべき地震は、これらの地震が連動して起こることが懸念されています。このような災害に少しでも冷静に、より安全に対処するために、予備知識を持つことが大切でしょう。第4回サロンでは、このような観点から話題を提供していただきますので、幅広い層の方々のご参加をお待ちしております。

開催当日、会場の様子をUSTREAM http://www.ustream.tv/channel/kobe-u-ircpi-salon-20140801 にて中継いたしますので、お手元のパソコンやスマートフォンでぜひご覧ください。

開催概要

日時
2014年8月1日 (金) 13:30~19:00 (交流会含む)
受付開始時間
13:00~
会場
神戸大学統合研究拠点 コンベンションホール
(〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-48) [アクセスマップ]
参加費
  • 講演会: 無料
  • 交流会参加費: 2,000円 (事前申込)
申込期限
2014年7月24日 (木)
参加申し込み方法
(参加申し込みは終了しています)
主催
神戸大学統合研究拠点
共催
ひょうご神戸サイエンスクラスター協議会
お申し込み・お問い合わせ先
神戸大学統合研究拠点事務室
メール: ircpi-hall@office.kobe-u. ac.jp, FAX: 078-599-6711, 電話: 078-599-6710

※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

プログラム

時間 内容
13:30~13:35 開会挨拶
神戸大学統合研究拠点 拠点長 三宅 正史
13:35~14:35 講演1『地震動の増幅特性の評価について』
神戸大学都市安全研究センター 教授 長尾 毅
14:35~15:35 講演2『兵庫県の南海トラフ地震・津波対策~被害想定と対策の方向性~』
兵庫県企画県民部防災企画局 防災計画課副課長 飯塚 知香子 氏
15:35~15:50 休憩
15:50~16:50 講演3『コンクリート構造物の補修・耐震補強について』
神戸大学都市安全研究センター 准教授 藤永 隆
16:50~17:10 質疑応答
17:20~18:30 交流会
場所: 統合研究拠点4階ラウンジ

(統合研究拠点)