2014年度日本建築学会大会[近畿]記念シンポジウム 「まちの再生と市民まちづくりのこれから ―震災を経て市民まちづくりはどう変わったか」

2014年09月13日

日本建築学会は9月12日(金)~14日(日)、神戸大学国際文化学部、工学部を会場に「日本建築学会大会」を開催します。これに合わせて記念シンポジウム「まちの再生と市民まちづくりのこれから-震災を経て市民まちづくりはどう変わったか」を9月13日(土)に神戸大学出光佐三記念六甲台講堂で開催します。

阪神淡路大震災の復興まちづくり地区の多くでは、復興が収束した現在も福祉や環境共生、景観、まちなみ保存など、さまざまな形でまちづくりが持続しています。このことは東日本大震災の復興まちづくりを含む今後の日本のさまざまなまちづくりの共通の動向でもあり、また課題でもあります。この市民参加行事の企画は、そうした市民まちづくりの今後の方向を展望し、また具体的な活動の歩みを紹介してもらうことから、その経験を次代に引き継ぐことを目的に、各まちづくの団体や専門家などのパネラーによるシンポジウムを開催するものです。

開催概要

日時
2014年9月13日(土)9:30~12:30
場所
神戸大学出光佐三記念六甲台講堂 [六甲台第1キャンパスのNo.12
(神戸市灘区六甲台町2-1)
基調講演
佐藤 滋・早稲田大学教授
パネルディスカッション
基調講演者に加え、真野まちづくり推進会の清水 光久氏、野田北ふるさとネットの河合 節二氏、井吹台自治会連合会の坂本 津留代氏、北原 啓司・弘前大学教授が参加。司会は三輪 康一・神戸大学教授
問い合わせ先
神戸大学大学院工学研究科建築学専攻・三輪 康一 教授
TEL・FAX: 078-803-6012

(工学研究科・三輪 康一)