数学基礎論サマースクール 2014

2014年09月16日

日本数学会 数学基礎論および歴史分科会の補助を受けて毎夏開催されている 数学基礎論サマースクール は,毎年ごとにテーマを決めて,数学基礎論 (数理論理学) の各研究分野での専門家の方を講師としてお招きして, 入門的な内容から最新の話題までさまざまな講義をしていただいています. 2014年度のテーマは 集合論 (特に強制法理論) です.

今回のサマースクールでは,以下の3人の講師により 1960年代以降, 集合論の中心的な手法となっている強制法 (forcing) の入門のテュートリアルを行なう予定です.

数理論理学を研究/勉強している研究者/学生の方,数学の他の分野の研究者/学生で forcing を使ってみたいと思っていらっしゃる方, forcing のアイデアを自分の研究に生かしたいと思っていらっしゃる計算機科学など隣接分野の研究者/学生の方, 現代的な集合論の意味を理解したいと思っていらっしゃる科学哲学の研究者/学生の方, 趣味で集合論の勉強をされている方,など様々な背景を持った参加者を期待しています.

参加登録や参加費などはありませんが,参加者の概数を把握したいので, 参加を希望される方は, 9月18日(木) に予定している夕食会の参加希望も含めて,9月9日までに以下の email address まで連絡をお願いします. その他,本サマースクールに関する質問なども以下のメールアドレスにお願いします. メールを送っていただく際には subject に "kisoron summerschool 2014" というキーワード (半角英数字) を入れていただけると, こちらでのメールの見落としの確率を下げることができると思います.

開催概要

期間

   2014年9月16日(火) ~ 2014年9月19日(金)

場所

   神戸大学 工学部 LR501教室

テーマ

   集合論 (特に強制法 (forcing) 理論)


問合せ先

   数学基礎論サマースクール2014実行委員

   渕野 昌 (代表者: 神戸大学)

   E-mail: fuchino@diamond.kobe-u. ac.jp

   ※メールアドレスの一部 (ac.jpの前) には、アドレス収集ロボット対策としてスペースが挿入されております。

    メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。


関連リンク

   数学基礎論サマースクール 2014