神戸大学大学院海事科学研究科附属国際海事研究センター 第5回総合セミナー"Innovation from the Sea"

2014年12月18日

国際海事研究センター (International Maritime Research Centre) は、6部門 (海事教育研究部門、海事安全管理研究部門、海事政策科学部門、海事産業研究部門、海事環境エネルギー研究部門,海事輸送研究部門) により構成されています。

第5回目を迎える今回の総合セミナーは、統一テーマを“Innovation from the Sea”と掲げ、海事に関わるさまざまな観点から、研究成果、最近のグローバルな変化に関連するテーマも交えて、下記のとおり公開します。

海事に関する総合的かつ先端的な研究を行うとともに、積極的な情報発信により、国内外の海事社会の発展に寄与することを目的として掲げる当センターが、次の研究ステップへ踏み出す機会を生み出すと同時に、多くのご意見を伺いながら、情報交換を行うための話題を提供します。

皆様のご来場を歓迎します。

(国際海事研究センター長 古莊 雅生)

開催概要

日時
2014年12月18日(木) 13:30~17:00 (情報交換会 17:30~)
会場
神戸大学大学院海事科学研究科 総合学術交流棟梅木Yホール [深江キャンパス]
参加費
研究発表は無料、情報交換会は3,000円
主催
神戸大学大学院海事科学研究科附属国際海事研究センター
お問い合わせ先
神戸大学大学院海事科学研究科企画係 岸上・仲谷
Tel: 078-431-6211(6311)
E-mail: gmsc-kikaku@office.kobe-u. ac.jp

※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

プログラム

時間 内容
13:30 開会の挨拶 神戸大学大学院海事科学研究科附属国際海事研究センター長 古莊 雅生
13:40 『究極の天測技法』(A New and Accurate Method of Finding a Ship's Position at Sea by Personal Computers)
船舶安全サービス株式会社 取締役副社長 鈴木 邦裕(海事科学研究科附属国際海事研究センター客員教授)
14:10 『小型漁船におけるAIS利用に関する研究』(Research on the Utilization of AIS for Fishing boat)
(独)水産大学校 海洋生産管理学科 海洋生産運航学講座 講師 松本 浩文
14:40 『漁業者の捉える海難のイメージと海難防止について 豊後水道を中心に』(The Image and prevention of Marine accident of Fishermen, focusing on Bungo Channel)
福岡工業大学 総合研究機構 環境科学研究所 行平 真也
(休憩 20分)
15:30 『コンテナターミナルにおけるバーススケジューリング』(Berth Scheduling at a Marine Container Terminal)
神戸大学 大学院海事科学研究科 教授 今井 昭夫
16:00 『核融合プラズマ研究の現状』(Present status of nuclear fusion plasma research)
自然科学研究機構 核融合科学研究所 ヘリカル研究部 高温プラズマ物理研究系 准教授 井戸 毅
16:30 『日本沿岸域航行中のコンテナ船の安全性に対する気象の影響』(Effects of weather on container ship safety in a coastal area of Japan)
神戸大学 大学院海事科学研究科海事科学専攻 博士課程後期課程 Chen Chen
17:30 情報交換会 (於: 総合学術交流棟 エントランスホール)

(海事科学研究科企画係)