神戸大学震災復興支援・災害科学研究推進室第3回シンポジウム (阪神・淡路大震災20年シンポジウム) 大震災を踏まえた教訓と課題―次世代へつなぐ―

2015年01月09日

本学では、東日本大震災後、被災大学としての経験を生かし、神戸大学としての提言を取りまとめ、公開シンポジウムの開催や、東北大学を始めとする東北地方の復興支援活動に取り組んでまいりました。平成24年1月には「震災復興支援・災害科学研究推進室」を設置して、当室では震災復興支援活動や災害科学研究を行う学内のグループへの支援等の活動を行っております。

このたび、防災・減災・復興対策等について、広く一般市民を対象としたシンポジウムを、東北大学及び岩手大学と共催で開催します。阪神・淡路大震災から20年を迎えるにあたり、この20年間に神戸大学が果たしてきた役割の検証を行い、その上で新たな課題を設定し、これらを次の世代へつなぎ、東日本大震災の今後を考え、ひいては日本全体の今後を考えることを通して、震災復興・災害科学における大学の知を広く市民に発信したいと考えております。

当日は、里見進・東北大学総長が出席するほか、ひょうご震災記念21世紀研究機構の五百旗頭真理事長による基調講演や、東北大学災害科学国際研究所の今村文彦所長による講演等を予定しております。ぜひともご参会いただきますよう、多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

開催概要

ちらし(PDF形式)
日時・場所
平成27年1月9日(金)15:00~18:30 (ポスター展示は14:00~17:15)
神戸大学出光佐三記念六甲台講堂[六甲台第1キャンパスのNo.12]
主な内容
基調講演 (ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長 五百旗頭 真)、パネルディスカッション、ポスター展示
参加費
無料
申込方法
チラシ裏面に記載の事項を明記のうえ、FAX (078-803-5049)かE-mail (sfsk-jimu@office.kobe-u. ac.jp)でお申込みください。当日参加も可能です。
問い合わせ先
神戸大学震災復興支援・災害科学研究推進室 (研究推進部研究推進課研究助成グループ)
TEL: 078-803-5029
FAX: 078-803-5049
E-mail: sfsk-jimu@office.kobe-u. ac.jp
※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

(研究推進部研究推進課)