第193回 都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナール

2015年01月24日

都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナールは、広く社会に都市安全研究センターの活動を広く公開するとともに、関連する各分野の皆様からの報告を通じて、安全な社会としていくための研究や実践のあり方を議論しています。大学の教職員・学生のほか、安全・安心に関心を持つ市民の方々や、コンサルタントなどの民間企業の方々、自治体の消防・建築・地域関係の職員の皆様などが参加されています。

参加費は無料で、事前登録不要です。ご興味のある方は遠慮なくご参加ください。

開催概要

日時
2015年1月24日(土) 14:00~17:00 (開場 13:30)
会場
神戸市役所4号館 (危機管理センター) 1階会議室
(所在地: 兵庫県神戸市中央区江戸町97-1、TEL: 078-322-5740)
司会
神戸大学都市安全研究センター教授 北後 明彦
主催
神戸大学都市安全研究センター
共催
神戸市消防局
後援
兵庫県
お問い合わせ先
神戸大学都市安全研究センター
(所在地: 兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1、TEL: 078-803-6437、FAX: 078-803-6394)
詳細情報
http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/

プログラム

1.「南海トラフ巨大地震」活動期にどう備えるか?

石橋 克彦 (神戸大学名誉教授 )

2012年8月に中央防災会議が被害想定を発表した最大クラスの「南海トラフ巨大地震」について、それが地震学的にどのようなものかを説明し、私たちはそれにどう備えたらよいかを考える。重要なのは、南海トラフ巨大地震そのものだけではなく、それが起こるまでと起こった後とに (必然的に)複数発生する可能性のある内陸大地震も考慮すべきことである(そのような地震活動期を「『南海トラフ巨大地震』活動期」と仮称)。また発生時期の予測が困難なので、地震対策を長期間継続・維持できるように計画し実行することが不可欠である。南海トラフ巨大地震対策は、「いま有る社会」の技術的・戦術的安全装置としてではなく、100年スパンの国土・社会のグランドデザインの重要な一環として考える必要があるだろう。

2. 都市のレジリエンスとは何か?

山崎 義人 (兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科准教授)

山崎義人氏らが翻訳出版した「リジリエント・シティ 現代都市はいかに災害から回復するのか?」を題材に、多様に用いられている都市のレジリエンスの 捉え方について示唆していただきます。
http://www.creates-k.co.jp/books/book.php?searchbk=1391488282

(都市安全研究センター)