第194回 都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナール

2015年02月28日

都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナールは、広く社会に都市安全研究センターの活動を広く公開するとともに、関連する各分野の皆様からの報告を通じて、安全な社会としていくための研究や実践のあり方を議論しています。大学の教職員・学生のほか、安全・安心に関心を持つ市民の方々や、コンサルタントなどの民間企業の方々、自治体の消防・建築・地域関係の職員の皆様などが参加されています。

参加費は無料で、事前登録不要です。ご興味のある方は遠慮なくご参加ください。

開催概要

日時
2015年2月28日(土) 14:00~17:00 (開場 13:30)
会場
神戸市役所4号館 (危機管理センター) 1階会議室
(所在地: 兵庫県神戸市中央区江戸町97-1、TEL: 078-322-5740)
司会
神戸大学都市安全研究センター教授 北後 明彦
主催
神戸大学都市安全研究センター
共催
神戸市消防局
後援
兵庫県
お問い合わせ先
神戸大学都市安全研究センター
(所在地: 兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1、TEL: 078-803-6437、FAX: 078-803-6394)
詳細情報
http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/

プログラム

1.米国ハリケーンサンディの住宅復興と土地利用規制

リズ・マリ (東北大学災害科学国際研究所助教)

2012年秋に米国東海岸部ニュージャージーとニューヨークを襲ったハリケーン サンディから約2年が経ちました。2005年のハリケーン カトリーナの経験や環境変動・海面上昇などをふまえて、被災地ではどのような住宅復興と土地利用規制 が行われているのでしょうか。約2年間、計4回にわたる現地調査に基づいて最新状況を報告します。

2. 東日本大震災における自主住宅移転再建による市街地空間形成-米国ハリケーンカトリーナおよびサンディとの比較

近藤 民代 (神戸大学大学院工学研究科准教授,同都市安全研究センター特別研究員 )

東日本大震災の被災地では広大な範囲にわたる災害危険区域の指定や集団移転により、震災前の既成市街地は大きく変容しようとしています。こ のような行政による復興事業だけではなく、被災者個人による自主的な移転再建が新たな市街地空間形成につながっていることが調査研究によって明らかになってきました。

米国のハリケーンカトリーナやハリケーンサンディにおける復興と東日本大震災の復興計画・政策・現状を比較しながら、広域巨大災害における持続可能な都市復興を進めるための計画・政策論について議論します。

(都市安全研究センター)