IISS/RIEBシンポジウム・ビデオ上映会「神戸から未来へ ~ コンピューターの発展と社会」

2015年03月19日

神戸大学は戦中・戦前より経営機械化を旗印に計算機の国内普及および国産化に尽力してきました。2014年3月11日に神戸大学経済経営研究所・経営機械化展示室が「情報処理学会・分散コンピュータ博物館」に認定されたのを機に、神戸大学経済経営研究所では2本のビデオを制作しました。1本目のビデオは、経営機械化展示室に保存されている計算機器を含む戦前の計算機から、現在のコンピューターに至るまでのコンピューターの発展史を紹介したものです。2本目のビデオは、コンピューターがビッグデータの活用等の様々なイノベーションの現場でどのように生かされ、社会に貢献しているのかを紹介するものです。

本シンポジウムでは、特別許可のもと撮影された貴重な映像と国内外の最先端の専門家へのインタビューで構成されたこれらのビデオを上映するとともに、ビデオにも登場する国内の第一人者達が講演します。

開催概要

日時
2015年3月19日(木) 午後1時30分~
会場
神戸大学 出光佐三記念六甲台講堂 [六甲台第1キャンパス のNo.12]
主催
神戸大学社会科学系教育研究府
共催
RIEBセミナー/経済経営研究所サービス・イノベーション研究部会
対象
どなたでもご参加いただけます
参加申込など
http://www.rieb.kobe-u.ac.jp/academic/ra/seminar/2014/seminar-details/201503191330.html を参照してください。

プログラム

(社会科学系教育研究府)