第197回 都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナール

2015年05月09日

都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナールは、広く社会に都市安全研究センターの活動を広く公開するとともに、関連する各分野の皆様からの報告を通じて、安全な社会としていくための研究や実践のあり方を議論しています。大学の教職員・学生のほか、安全・安心に関心を持つ市民の方々や、コンサルタントなどの民間企業の方々、自治体の消防・建築・地域関係の職員の皆様などが参加されています。

参加費は無料で、事前登録不要です。ご興味のある方は遠慮なくご参加ください。

開催概要

日時
2015年5月9日(土) 14:00~17:00 (開場 13:30)
会場
神戸市役所4号館 (危機管理センター) 1階会議室
(所在地: 兵庫県神戸市中央区江戸町97-1、TEL: 078-322-5740)
司会
神戸大学都市安全研究センター教授 北後 明彦
主催
神戸大学都市安全研究センター
共催
神戸市消防局
後援
兵庫県
お問い合わせ先
神戸大学都市安全研究センター
(所在地: 兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1、TEL: 078-803-6437、FAX: 078-803-6394)
詳細情報
http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/

プログラム

1.神戸の減災を考えるー『神戸の減災研究会』の活動から

澁谷 啓 神戸大学大学院工学研究科 教授,神戸の減災研究会 会長

神戸の減災研究会は、平成11年に設立された「神戸の地盤研究会」をルーツとし、平成22年に発足しました。「笑顔の絶えない神戸の街づくり」 を合い言葉に、常日頃から減災に向けて取り組んでいる産官学の技術者・研究者が一致協力して、「神戸の市民や行政のニーズの高い調査研究を行い、 その成果を行政施策に反映し、広く市民に還元すること」を基本理念として活動しています。本講演では、近年における神戸の自然災害の歴史を振り返 りながら、現状における地震や豪雨災害のリスク、災害に強い神戸の街づくりに関する最新の研究成果をご紹介します。

2. 宅地を地盤災害から守る地盤品質判定士の紹介

谷和夫 国立研究開発法人防災科学技術研究所 研究員,神戸大学都市安全研究センター 客員教授

東日本大震災では、埋立て地の液状化や丘陵地の盛土や擁壁の崩壊等によって数多くの宅地が被災しました。この教訓を活かし、宅地における地盤災害の防止や軽減を推進するため、2013年2月4日に設立された地盤品質判定士協議会は、土木工学・建築工学分野や不動産・住宅関連産業に従事する地盤技術者を対象に、地盤品質判定士の資格制度を創設しました。講演では、資格制度の概要、今年度の検定試験の概要、地盤品質判定士に対する社会の期待について紹介いたします。

(都市安全研究センター)