2014年ノーベル物理学賞受賞者 中村修二先生講演会

2015年07月14日

2014年にノーベル物理学賞を受賞した中村修二先生は、2014年4月より神戸大学自然科学系先端融合研究環重点研究チーム外国人研究者としてスマート物質・材料工学分野でご指導をいただいています。来る7月に来日され、全学および関係先の皆さんおよび一般の皆さんを対象とした講演会を開催することになりました。
中村先生は、1979年から1999年まで日亜化学工業に勤務され、世界に先駆けて実用化レベルの高照度青色発光ダイオードを発明、開発されました。その後渡米し、カリフォルニア大学サンタバーバラ校工学部教授として電子工学の研究を続け、2007年には無極性青紫半導体レーザーの開発にも成功されました。
中村先生は企業および大学で研究者として過ごされた間に、特許対価や産学連携の問題、特に日本における課題などを提起されています。講演会の第1部では青色LED発明に纏わるこれらの課題とその後の状況についても言及いただけると思われます。
また、中村先生が、学生と直にデイスカッションを行いたいと希望され、第2部では学生参加のパネルディスカッションを企画しました。
理・工・海事系のみならず、医農系および社会文科系の皆様にも多数ご参加いただきますよう、ご来場を心よりお待ちしております。

開催概要

ポスター(PDF形式)
日時
平成27年7月14日(火) 14:00~17:00
場所
神戸大学出光佐三記念六甲台講堂 [六甲台第1キャンパス のNo.12]
定員
450名(学内関係者350名、一般100名) 
参加費
無料
申込み期間
6月15日(月)~6月26日(金)
※1 上記締切日までにお申し込みいただいた方は、第一部、第二部に全員出席していただくことが可能です。
※2 上記締切日までにお申し込みいただいた方の懇親会出席希望者が多数のため、事務局で調整し、ご参加できない方にはメールにてご連絡いたします。
※3 第一部、第二部はお席に余裕がありますので、7月3日(金)まで申し込みを延長し、定員に達し次第締め切ります。(定員に達した場合は、お申し込み時の返信メールまたは本ホームページにて連絡いたします)
懇親会は締め切りました。
申込み方法
参加申込書(ダウンロードはこちら) により、下記宛にメールにてお申込みください。
E-mail: hicd-ccrd3@office.kobe-u.ac.jp
申込順に登録いたします。
参加申し込みと同時に質問事項があれば提出して下さい。パネラー希望も明記してください。パネラーは神戸大学の全学部および大学院の学生から受け付けます。

プログラム

第一部
司会:小川真人(神戸大学理事・副学長)
武田 廣 学長挨拶 (14:00~14:10)
ノーベル賞受賞記念講演 (14:10~15:20)
「青色LEDの発明とその後」
中村修二 (カリフォルニア大学サンタバーバラ校工学部教授 兼 固体発光エネルギー電子デバイスセンター所長)
第二部
司会:喜多 隆(神戸大学大学院工学研究科 教授)
パネルディスカッション(15:30~17:00)
「科学技術の創生と進化」
中村修二
小川真人
乙木洋平(株式会社サイオクス事業開拓室 部長)
神戸大学学生パネラー(若干名)
懇親会 (無料)
於 レストランさくら(17:30~)

(連携推進課)