第200回 都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナール

2015年08月22日

都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナールは、広く社会に都市安全研究センターの活動を広く公開するとともに、関連する各分野の皆様からの報告を通じて、安全な社会としていくための研究や実践のあり方を議論しています。大学の教職員・学生のほか、安全・安心に関心を持つ市民の方々や、コンサルタントなどの民間企業の方々、自治体の消防・建築・地域関係の職員の皆様などが参加されています。

8月22日(土)は、特別企画(200回記念)で、会場はいつもとは違い、神戸大学で行います。資料配布・懇親会等の人数把握のため、今回は事前の登録をしていただけると幸いです。(当日、会場に余裕があれば当日受付も可能です。)

参加費は無料です。ご興味のある方は遠慮なくご参加ください。

開催概要

日時
2015年8月22日(土) 14:00~17:00
場所
神戸大学百年記念館六甲ホール [六甲台第2キャンパス のNo.57]
(※特別企画のため要申し込み、参加費無料)
(所在地: 神戸市灘区六甲台町1-1)
オープンゼミナール 参加申込フォーム
http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/p/200seminar.html
主催
神戸大学都市安全研究センター
共催
自然災害研究協議会、兵庫県広域防災センター
お問い合わせ先
神戸大学都市安全研究センター
(所在地: 兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1、TEL: 078-803-6437、FAX: 078-803-6394)
詳細情報
http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/

プログラム

1. 大震災の検証・・教訓をどう生かすか?
室崎益輝 神戸大学名誉教授 兵庫県立大学防災教育センター長

2. 来たるべき南海トラフ巨大地震等にどう備えるのか
福和伸夫 名古屋大学減災連携研究センター長・教授

3. 地域を知り、防災を考える?最近の豪雨災害事例から学ぶこと?
牛山素行 静岡大学防災総合センター副センター長・教授


<第200回記念 参加者交流会>
参加申込フォーム≫http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/p/200event.html
オープンゼミナール終了後、下記の通り開催します。
■日時:2015年 8月22日(土)17時30分~19時30分
■場所:神戸大学瀧川記念学術交流会館 下記地図の54番の建物(百年記念館の約200m西側)
http://www.kobe-u.ac.jp/guid/access/rokko/rokkodai-dai2.html
■会費:4000円(学生2000円) ※要申し込み
■内容:参加者相互の交流を深め、実践と研究活動のあり方について議論できれ ばと思います。

(都市安全研究センター)