第201回 都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナール

2015年09月19日

都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナールは、広く社会に都市安全研究センターの活動を広く公開するとともに、関連する各分野の皆様からの報告を通じて、安全な社会としていくための研究や実践のあり方を議論しています。大学の教職員・学生のほか、安全・安心に関心を持つ市民の方々や、コンサルタントなどの民間企業の方々、自治体の消防・建築・地域関係の職員の皆様などが参加されています。

参加費は無料で、事前登録不要です。ご興味のある方は遠慮なくご参加ください。

開催概要

日時
2015年9月19日(土) 14:00~17:00 (開場 13:30)
会場
神戸市役所4号館 (危機管理センター) 1階会議室
(所在地: 兵庫県神戸市中央区江戸町97-1、TEL: 078-322-5740)
司会
神戸大学都市安全研究センター教授 北後 明彦
主催
神戸大学都市安全研究センター
共催
神戸市消防局
後援
兵庫県
お問い合わせ先
神戸大学都市安全研究センター
(所在地: 兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1、TEL: 078-803-6437、FAX: 078-803-6394)
詳細情報
http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/

プログラム

1.自然災害における地域歴史遺産保全活動の役割 -地域社会の再建の中で考える-

奥村 弘 神戸大学大学院人文学研究科 教授

地震について次のような会話を聞くことがよくあります。「もう生きている間は地震はけいへんで。そんな大きな地震やったらどうしょうもないで」。減災や防災を進めるためには、このような見方を変えていくことが求められています。そのためには大災害とそこからの生活再建の過程をリアルにとらえることが重要であると考えています。本講演では、この課題を地域の歴史文化の未来への継承、災害文化形成という観点から考えます。

2. 予防的アスベスト・リスクコミュニケーション活動:震災後を見据え

松田 毅 神戸大学大学院人文学研究科 教授

大震災がもたらす中長期的リスクを軽減する取り組みの一例として、神戸大学倫理創成プロジェクトが行っている、震災後のアスベスト暴露に対する予防的アスベスト・リスクコミュニケーション活動についてお話いたします。この問題に対する人文学の知見と方法を活かしたアプローチの幾つかをご紹介いたしますので、みなさまの率直なご意見をいただければ、幸いです。

(都市安全研究センター)