国際シンポジウム「HORIZON2020によるオープンアクセス政策とオープンサイエンスの国際的課題 -学術研究における日欧の共通課題と大学図書館の役割-」

2015年10月13日

 ヨーロッパの多国間研究開発・イノベーション促進プログラムHORIZON2020は助成対象の研究成果と研究データのオープンアクセス(OA)化を義務化する方針をうたっています。
 このため、EUのメンバー国によるOAポリシー採択や、研究者のOA及びオープンデータ準拠を支援するため、大学図書館のコンソーシアム組織が複数のプロジェクトを実施しています。
 このようなEUによるオープンアクセス政策とその支援プロジェクトの現状と展望について、同じくオープンデータ等の政策が検討されつつあるわが国で、研究推進及び大学図書館の役割という視点から、関係者による情報共有を行うことを目的としてシンポジウムを開催いたします。

開催概要

チラシ(PDF形式)

日 時
  2015年10月13日(火)-14日(水)

会 場
  神戸大学百年記念館(神大会館)六甲ホール
[ 六甲台第2キャンパス のNo.57]

主 催
  EUインスティテュート関西(EUIJ関西)

共 催
  神戸大学附属図書館, 京都大学附属図書館, 大阪大学附属図書館,
  COAR

後 援
  駐日欧州連合代表部, 国立大学図書館協会, 機関リポジトリ推進委員会,
  大学図書館近畿イニシアティブ, 兵庫県大学図書館協議会,
  国際学術情報流通基盤整備事業(SPARK Japan)運営委員会

シンポジウム詳細
   http://lib.kobe-u.ac.jp/www/html/events/euoa.html

(附属図書館)