神戸市認知症研修 - 認知症になっても安心して暮らせるまちをめざして -

2015年11月30日

ボランティア活動などの中で、認知症の方と出会ったときどのように対応すれば良いのでしょうか。「認知症」は、85歳以上では3人に1人がかかる病気と言われ、高齢社会では当たり前の病気になりつつあります。

学生ボランティア支援室では、神戸市と連携して認知症研修を実施します。ふるってご参加ください。

開催概要

日時
2015年11月30日(月)
18:40開始~19:40終了(変更済み)
会場
国際文化学部キャンパスK202教室
講師
キャラバンメイト 古賀智恵美氏
内容
  • 認知症とは
  • 認知症の方への接し方
  • 認知症サポーターとは
  • 認知症の相談窓口
主催・問合せ先
学生ボランティア支援室
E-mail: hq-vol@lab.kobe-u. ac.jp
※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。
TEL: 078-803-6256

※厚生労働省の「認知症サポータキャラバン」事業の一環として実施されます。

(学生ボランティア支援室)