第35回神戸大学留学生センターコロッキアム

2016年01月22日

ポスター(PDF)
ポスター(PDF)

2020年の達成を目指す留学生30万人計画のもと、大学では急速に留学生が増加しています。クォーター制の導入などにより留学生の流動性は益々 高まると予想され、日本語教育現場においては、いかにしてレベルに応じた継続的日本語学習を可能にするか、またそのための体制整備が課題となります。本コロッキアムでは、学習者の日本語レベルの把握にあたり重要な役割を果たすプレースメントテストに焦点を当て、国内外の多くの高等教育機関で導入されているオンラインテスト(J-CAT)の開発者をお迎えし、その効果的な活用法や課題について議論していきたいと思います。

日時
2016年1月22日 (金) 13:30~17:00 (13:00開場)
場所
留学生センター2F情報資料室
テーマ
「オンラインプレースメントテストの活用と課題」

プログラム

総合司会
リチャード・ハリソン (留学生センター日本語等教育部門主任 教授)
【第一部】
13:30~14:30
基調講演 「プレースメントテストのオンライン化について」
今井新悟氏 (筑波大学グローバルコミュニケーション教育センター 教授)
14:30~15:00
質疑応答・全体討論
15:00~15:20
コーヒーブレイク
【第二部】
15:20~17:00
ワークショップ 「プレースメントテストの実践」
今井新悟氏 (筑波大学グローバルコミュニケーション教育センター 教授)
17:00
閉会挨拶 リチャード・ハリソン (留学生センター副センター長)
【お問い合わせ】
神戸大学留学生センター リチャード・ハリソン研究室
E-mail: kisc-koryu@edu.kobe-u. ac.jp
Tel / Fax: 078-803-5275
※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

(留学生センター)