第207回 都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナール

2016年03月26日

都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナールは、広く社会に都市安全研究センターの活動を広く公開するとともに、関連する各分野の皆様からの報告を通じて、安全な社会としていくための研究や実践のあり方を議論しています。大学の教職員・学生のほか、安全・安心に関心を持つ市民の方々や、コンサルタントなどの民間企業の方々、自治体の消防・建築・地域関係の職員の皆様などが参加されています。

参加費は無料で、事前登録不要です。ご興味のある方は遠慮なくご参加ください。

開催概要

日時
2016年3月26日(土) 14:00~17:00 (開場 13:30)
会場
神戸市役所4号館 (危機管理センター) 1階会議室
(所在地: 兵庫県神戸市中央区江戸町97-1、TEL: 078-322-5740)
司会
神戸大学都市安全研究センター教授 北後 明彦
主催
神戸大学都市安全研究センター
共催
神戸市消防局
後援
兵庫県
お問い合わせ先
神戸大学都市安全研究センター
(所在地: 兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1、TEL: 078-803-6437、FAX: 078-803-6394)
詳細情報
http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/

プログラム

1.お産と子育てにつよい復興まちづくり ~とどけ!妊婦・子育てママの想い~

荒木裕美 NPO法人ベビースマイル石巻代表理事

震災時、妊婦・子育て家庭は地域ネットワークからの孤立を体感。「命の大切さ」を伝え、安心して子どもを産み増やし、守り育てるネットワークづくりを当事者目線でリードする実践例の提示。

2. 災害時における妊産婦支援ネットワーク構築の取組み

田間泰子 大阪府立大学地域保健学域教育福祉学類 教授

復興および防災・減災における妊産婦の位置づけについて、その原理的な困難性を指摘したうえで、支援ネットワーク構築の具体的取組みについて、事例を紹介する。

3.防災体制にみる妊産婦支援の再検討

山地久美子 大阪府立大学 客員研究員

阪神・淡路大震災、東日本大震災の経験を経て、災害対策基本法、防災基本計画、避難行動要支援者、男女共同参画基本計画等防災制度面において妊産婦支援 はどのように変わり、また課題かあるか検討します。

(都市安全研究センター)