シンポジウム「人文学の『危機』と未来-文系不要論への応答-」のお知らせ

2016年03月30日

昨年6月8日の文部科学大臣通知で人文・社会科学系の廃止・転換の方針が示されて以降、大学(国立大学)の文系学部の存在意味についての議論が盛んに行われています。
このシンポジウムでは、日本学術会議副会長・井野瀬久美惠氏(甲南大学文学部教授)をお招きし、人文学が置かれている現状を確認するとともに、その未来について考えていきます。

開催概要

日時:2016年3月30日(水)午後1時~午後3時30分

会場:神戸大学大学院人文学研究科・視聴覚教室 (B棟1階・B132教室)

       入場無料・申込不要

報告:井野瀬久美惠氏(日本学術会議副会長・甲南大学文学部教授)  

       「人文学の危機と大学の未来」    

       松田毅氏(神戸大学大学院人文学研究科教授)   

       「人文学の危機の近因と遠因」


主催:神戸大学大学院人文学研究科

お問い合わせ:河島 真(神戸大学人文学研究科准教授)     

E-mail:kawashima_2013[AT]yahoo.co.jp  ※Mailの[AT]は@に変更してください。

(人文学研究科)