物理学専攻特別談話会「ニホニウム誕生を学ぶ」

2016年06月24日

2015年末、113番目の元素の命名権が日本の理化学研究所超重元素研究グループの森田浩介グループディレクター(九州大学大学院理学研究院教授)を中心とする研究グループに与えられ、このたび、元素名案を「ニホニウム」、元素記号案を「Nh」とすることが発表されました。

実は、日本人が元素名を提案するのは今回が初めてではなく、100年以上前には「ニッポニウム」という幻の元素が周期表に記載されていました。

神戸大学理学研究科では、2つの講演映像をもとに「幻のニッポニウム」から今回の「ニホニウム」誕生までを学ぶ談話会を開催します。

開催概要

ポスター(PDF形式)
日時
2016年6月24日(金)14:00~17:00
場所
神戸大学理学部学舎Z102講義室 [MAP ]
参加費
無料
内容
14:00~ はじめに
播磨尚朝 神戸大学理学研究科教授 (物理学専攻)
14:15~ 「元素誕生の謎にせまる」
理化学研究所作成のビデオ上映
15:00~ 「ニッポニウム発見事情‐小川正孝とウィリアム・ラムジー」
(講演映像) 吉原賢二 (東北大学名誉教授)
16:00~ 「元素はどこまで知られているか」
(講演映像) 森田浩介 (九州大学教授、理化学研究所)
17:00頃 終了予定
問い合わせ先
理学研究科総務係
TEL:078-803-5761
E-mail: sci-soumu@office.kobe-u.ac.jp
※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

(理学研究科)