極域協力研究センター(PCRC)国際シンポジウム「北極海法秩序の将来設計」

2016年07月28日

2016年7月28日、29日、国際協力研究科極域協力研究センター(PCRC)では、第2回国際シンポジウム「北極海法秩序の将来設計」を開催します。現在、北極海をめぐっては延伸大陸棚、北極海航路、公海漁業、科学協力など様々な国際法的諸課題が様々なフォーラムで議論されています。本シンポジウムでは、北極海法秩序に焦点をあてその全体像や将来像について、ロシア、米国、カナダ、ノルウェー、フィンランドそして日本の国際法、国際関係論の研究者、実務家と共に議論します。詳しいシンポジウムの内容については、プログラムをご参照ください。

なお本シンポジウムへの参加には事前申込が必要です。

開催概要

チラシ(PDF形式)
日時
2016年7月28日(木)、29日(金)
会場
六甲台第1キャンパス [MAP ]
講演者およびトピック
シンポジウムのプログラム をご参照ください。
使用言語
英語(通訳はありません)
主催
神戸大学大学院国際協力研究科極域協力研究センター
問い合わせ先
シンポジウム事務局 kobe_sympo_2016[at] diamond.kobe-u.ac.jp
関連リンク

(国際協力研究科)