神戸・大槌・仙台写真展―なぜ撮り溜めるのか―

2016年11月12日

兵庫県神戸市、宮城県仙台市、岩手県上閉伊郡大槌町。

いずれも大震災によって甚大な被害を受けた地域である。

この3地域では定点観測活動をはじめとしたアーカイブ活動が行われている。

なぜ撮り溜めるのか、次の世代にどう伝えていくのか。

神戸から考え、発信していくための写真展。

開催概要

フライヤー(PDF)
日程
2016年11年12日(土) ~ 13日(日)
時間
10:00~17:00 ※13日は15:00まで
場所
こうべまちづくり会館 3階多目的室
入場
無料
主催
神戸大学工学研究科近藤研究室
協力
こうべまちづくり会館
問合せ先
神戸大学工学研究科近藤研究室
TEL:090-3304-2741

スペシャルトークセッション

日時
2016年11年12日(土)13:00~15:00
場所
写真展会場内
ゲスト
佐藤正実
  • NPO法人20世紀アーカイブ仙台副理事長
  • 3.11オモイデアーカイブ主宰
松崎太亮
  • 神戸市企画調整局創造都市推進部ICT創造担当課長

(工学研究科)