総合診療医養成特別セミナー「多様性に溢れる社会の中で、医療ができること、それぞれができること~介助犬をとおして考える~」

2016年12月04日

神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センターは12月4日(日)、総合診療医養成特別セミナー「多様性に溢れる社会の中で、医療ができること、それぞれができること~介助犬をとおして考える~」を開催します。参加費無料、事前申し込み不要ですので、興味のある方は奮ってご参加ください。 

※このセミナーは、平成28年度 文部科学省 未来医療研究人材養成拠点形成事業「地方と都会の大学連携ライフイノベーション」の支援を受けて実施しています。

開催概要

ポスター(PDF形式)
開催日時
2016年12月4日(日)14:00~17:00 (受付13:30~)
場所
神戸大学医学部神緑会館 多目的ホール(マップ )
対象者
興味のある方はどなたでも参加可。入場無料・事前申し込み不要
主催
神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター
共催
兵庫県
後援

プログラム

【第1部】 14:00~15:15
時間 内容
14:00 開会の挨拶
藤澤 正人 神戸大学医学部附属病院 病院長
14:05 基調講演「人にも動物にもやさしい社会をめざして ~障がい者の自立と社会参加を支える介助犬~」
高柳 友子 社会福祉法人日本介助犬協会 事務局長/リハビリテーション科 医師
14:55 介助犬デモンストレーション
【第2部】 15:25~17:00
時間 内容
15:25 シンポジウム「多様性に溢れる地域社会に向けて」
【座長】
在間 梓 神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター 特定助教
【演者】
中川 智子 兵庫県宝塚市長
高柳 友子 社会福祉法人日本介助犬協会 事務局長/リハビリテーション科 医師
阿部 知子 衆議院議員 身体障害者補助犬を推進する議員の会 事務局長/小児科 医師
木村 佳友 & 介助犬デイジー
  特定非営利活動法人日本補助犬情報センター 副理事長/関西学院大学 非常勤講師
山本 真也 毎日新聞前編集委員
16:50 閉会の挨拶
廣瀬 昌博 島根大学医学部地域医療政策学講座 教授

(総合臨床教育センター)