3Dスマートものづくり研究センターシンポジウム

2017年01月25日

神戸大学では、内閣府よりSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)/革新的設計生産技術を受け、産官学連携研究の拡充、成果物のアウトリーチ活動の推進及び3Dスマートものづくりに関する研究開発の強化を目的として、関連部局を横断する3Dスマートものづくり研究センターを設置しています。

このたび、神戸大学における「リアクティブ3Dプリンタによるテーラーメードラバー製品の設計生産と社会経済的な価値共創に関する研究開発」、「全体俯瞰設計と製品設計の着想を支援するワークスペースの研究開発」、「CAM-CNC統合による革新的な工作機械の知能化と機械加工技術の高度化」の3プロジェクトによるシンポジウムを開催致したく、皆様のご参加をお待ちしています。

詳しくは《チラシ》をご覧ください。

開催概要

チラシ(クリックするとPDFデータで開きます)
日時
平成29年1月25日(水)13:00~17:00
会場
神戸大学百年記念館(神大会館) 1階六甲ホール
[六甲台第2キャンパス のNo.102]
所在地
神戸市灘区六甲台町1-1
講演目的
『3Dスマートものづくり研究センターシンポジウム』の講演
問い合わせ先
神戸大学3Dスマートものづくり研究センター
e-mail : sip-3d@port.kobe-u. ac.jp
※メールアドレスの一部 (.ac.jp の前後など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。
関連リンク
SIP 戦略的イノベーション創造プログラム

(3Dスマートものづくり研究センター)