シンポジウム『データサイエンスの現状と未来』

2017年05月15日

今回、わが国の人工知能やデータサイエンス研究をリードする研究者を招聘し、データサイエンスの先端研究や活用の現状をご報告いただきます。また産学・地域の方にも参加いただき、その将来への発展の可能性を議論する機会を設けました。
  データサイエンスやその活用に興味をお持ちの方、是非ご参加ください。

開催概要

詳細は、ポスターをご覧ください。

  ■日時:
     2017年5月15日(月)  13:00~17:40

■会場:
      神戸大学出光佐三記念六甲台講堂(神戸市灘区六甲台町2-1)

■主催:神戸大学大学教育推進機構
     共催:神戸大学理学研究科、工学研究科、システム情報学研究科、
          経済経営研究所、学術・産業イノベーション創造本部

■申込み方法:
     事前申し込みは不要です。当日、会場へお越しください。

■参加費:
     無料        

                                                                                                「データサイエンスの現状と未来」ポスター

<プログラム>

13:00~13:05 挨拶
            齋藤 政彦 副学長(共通教育・数理データサイエンス担当)

13:05~13:10 挨拶
             藤田 誠一 理事・副学長(教育担当)

●第一部:人工知能の現状と未来について

13:10~13:40 基調講演1「人工知能ビジネス活用の四つの波」
                            森永 聡 NEC中央研究所

13:40~14:10 基調講演2「自然科学、社会科学における人工知能研究」
                              上田 修功 NTTコミュニケーション科学基礎研究所

14:20~15:00 パネルディスカッション「人工知能の現状と未来」

(休憩)

●第二部:データサイエンスにおける社会実装、産学・地域連携、人材育成の可能性

15:20~15:50 基調講演3「次世代人工知能技術研究開発と社会実装の課題~人と相互理解できるAIに向けて~」
                               本村 陽一 国立研究開発法人 産業技術総合研究所

15:50~16:10 講演「コープこうべの取り組み」
                             藤岡 浩二 生活協同組合コープこうべ

16:10~16:30 講演「神戸大学数理・データサイエンス教育研究センター(仮称)の設立に向けて」
                             齋藤 政彦 副学長(共通教育・数理データサイエンス担当)

16:40~17:30 パネルディスカッション「データサイエンスにおける社会実装、産学・地域連携、人材育成の可能性」

17:30~17:40 挨拶
            小川 真人 理事・副学長(研究・産学連携担当)

 

 

■講師紹介(ポスター掲載順)

  森永   聡   NEC中央研究所データサイエンス研究所主席研究員
    上田 修功  NTTコミュニケーション科学基礎研究所上田特別研究室長(NTTフェロー)、機械学習・データ科学センタ代表
                          理化学研究所革新知能統合センター副センター長
     本村 陽一  国立研究開発法人産業技術総合研究所人工知能研究センター首席研究員、確率モデリング研究チーム長
     藤岡 浩二  生活協同組合コープこうべ企画政策部商品政策統括


  ■パネリスト予定者(講師以外)

  大川 剛直  神戸大学システム情報学研究科教授
      西口 健二  (株)日本総合研究所理事
      上東  貴志  神戸大学経済経営研究所長
      本木 時久  生活協同組合コープこうべ執行役員
       関  治之    神戸市チーフ・イノベーション・オフィーサー Code for Japan 代表
       國澤 勇人  (株)日本総合研究所人材育成部次長


■お問い合わせ先:
神戸大学学務部教育推進課
  電話:078-803-7641(内線7641、2566)
  e-mail:stdnt-kaikaku@office.kobe-u.ac.jp

 

 

 

 

(学務部教育推進課)