超スマートコミュニティシンポジウム

2017年06月02日

神戸大学 学術・産業イノベーション創造本部ならびにシステム情報学研究科では、神戸の将来の姿を描き、輝ける未来創造都市として世界に発信する超スマートコミュニティを実現するため、「超スマートコミュニティシンポジウム」を2017年6月2日に開催します。

今回は「横浜の先進事例に学ぶ 横浜を成功へ導いた理由と今後の課題とは」と題し、横浜市・神戸市・神戸大学をはじめ産・官・学・民の各界から講師をお招きしております。また本シンポジウムの最後には互いに情報を収集し、新技術を提案する場として交流会を開催する予定です。

講演参加費無料(交流会参加費2000円)ですのでお気軽にご参加ください。詳しくは下記の開催概要、ポスター(PDF)をご覧ください。

開催概要

チラシ(PDF形式)
日時
2017年6月2日(金)13:20 – 19:00
会場
瀧川記念学術交流会館 2階大会議室 [六甲台第2キャンパス のNo.100]
司会
冨田 克彦(神戸大学 学術・産業イノべーション創造本部)
プログラム
【第一部 】 13:20-15:50 産官学民連携の取組事例の紹介
・横浜市スマートシティの成功と今後の課題(横浜市、東芝)
・三宮再整備計画の現状と課題(神戸市)
・神戸での水素エネルギーの取組(大林組)
・クロスメディアイべント「078神戸」の紹介(神戸大学、神戸市)
【第二部 】 16:00-17:20 スマートシティを支える神戸大学の研究基盤紹介
・スマートシティ化を支える研究と教育(神戸大学)
・超スマート社会研究センターの設置(神戸大学)
・On-Site Visualization研究会の活動(神戸大学)
【第三部 】 17:30-19:00 交流会
瀧川記念学術交流会館1階レストラン(会費 2000円)
参加者全員が数グループに別れ、テーマに沿って情報・意見を交換
  未来都市の在り方とは? 神戸市で実現するには?
参加費
無料
主催
神戸大学 学術・産業イノべーション創造本部 超スマートコミュニティ推進室
       システム情報学研究科 超スマート社会研究センター
共催
(一社)超Smart社会建設協議会
後援
神戸市
予約・問合せ
ohara@people.kobe-u. ac.jp
※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

(学術・産業イノべーション創造本部)