3Dスマートものづくり研究センターシンポジウム

2017年08月23日

神戸大学では、SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)/革新的設計生産技術(内閣府)の採択を受け、「リアクティブ3Dプリンタによるテーラーメードラバー製品の設計生産と社会経済的な価値共創に関する研究開発」を進めています。このプログラムでは、成形と架橋のトレードオフの関係を克服する、リアクティブ3Dプリンタと、成形可能なラバー素材の研究開発に取り組んでいます。ラバーライクということではなく、真のラバーと3Dプリンタの組み合わせは世界初の試みです。これらのアプローチを通して、ランニングシューズのソールへの展開を図っていますが、さらにここで開発されたリアクティブ3Dプリンタ技術はシューズだけでなく、ラバー本邦発祥の神戸の各種ラバー産業への応用展開が期待できます。そこで、これらの技術を広く皆様に開放し、利用していただきたく、また、神戸大学3Dスマートものづくり研究センターに続き、兵庫県立工業技術センターに「価値共創プラットフォーム」の開所に併せて、第3回3Dスマートものづくり研究センターシンポジウムを開催致したく、皆様のご参加をお待ちしています。

詳しくは《チラシ》をご覧ください。

開催概要

チラシ(クリックするとPDFデータで開きます)
講演場所
兵庫県立工業技術センター 研究本館2階
所在地
神戸市須磨区行平町3-1-12
講演日時
平成29年8月23日(水)13:00~17:00
問合せ先
神戸大学3Dスマートものづくり研究センター
e-mail : sip-3d@port.kobe-u. ac.jp
※メールアドレスの一部 (.ac.jp の前後など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。
関連リンク
SIP 戦略的イノベーション創造プログラム

(3Dスマートものづくり研究センター)