国際シンポジウム「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立をめざして」

2017年11月11日

開催概要

チラシ(PDF形式)
日時
2017年11月11日(土)13:00~17:30
~災害資料の保存と活用~
2017年11月12日(日)9:30~15:30
~被災歴史資料の保全と活用~
会場
神戸大学先端融合研究環統合研究拠点コンベンションホール
(神戸市中央区港島南町7丁目1-48)
参加費
無料/事前申し込み不要(懇親会のみ要申し込みです)
使用言語
日本語(通訳あり)
講演者
アンドルー・ゴードン氏(ハーバード大学)「災害が喚起する歴史保存と歴史認識の課題」
イ・ユンギョン氏(韓国国家記録院/神戸大学)「韓国の災害資料の管理・活用の現状-公共機関を中心として-」
カルロ・カカーチェ氏(イタリア国立保存修復高等研究所)「文化財・文化活動・観光省の地理情報システムの相互運用と活用-2016年イタリア中部地震での積極的役割-」
謝仕淵氏(国立台湾歴史博物館)「2016年台湾南部地震(206地震)における博物館の取り組み」
阿部浩一氏(福島大学)「東日本大震災後の地域歴史資料保全活動の展開-福島県での取り組みを例に-」
天野真志氏(国立歴史民俗博物館)「地域歴史資料保全をとりまく課題と可能性-東日本大震災をふまえて-」

(人文学研究科)