トビタテ!留学JAPAN第9期募集説明会

2017年12月21日

ポスター(PDF形式)

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~は、 留学に係る給付型奨学金の支援や、留学前後の研修を通じて各分野のグローバルリーダーを育成する目的のもと、 官民が協働して取り組む海外留学支援制度です。 海外での留学だけでなくインターンシップ、ボランティアなどの学生が自ら企画した様々な活動が支援の対象となります。

下記のとおり、第9期募集説明会を開催します。海外への留学や、ギャップターム等を利用して海外インターンシップやボランティア活動を検討している方は、奨学金に関する貴重な情報を得ることが出来ます。また、当日は神戸大学トビタテ採用生との座談会もあり、直接いろいろな話を聞くことが出来る良い機会ですので、少しでも興味のある方は是非ご参加ください。

※平成30年8月11日~平成31年3月31日に留学を開始する学生が、第9期への応募対象となります。

本制度の詳細や問い合わせについては、こちらのリンクページ をご覧ください。

開催概要

【日時】 平成29年12月21日(木) 17時00分~18時00分  *途中入退室自由

【場所】 国際教育総合センター(旧留学生センター)情報資料室  *百年記念館にあります。

【概要】 最初に国際交流課から、トビタテ!留学JAPAN第9期の募集概要説明、応募の流れなどについて説明します。

     その後、複数の神戸大学トビタテ採用生との座談会の時間を設けています。

◆参加学生プロフィール◆

神戸大学工学部4年生
 フランス・リヨン、フィンランド・タンペレに1年間の交換留学、土木工学・都市計画専攻でフィールドワーク・企業訪問等を実施

神戸大学大学院人文学研究科博士後期課程3年生・日本学術振興会特別研究員DC
 学部時代にチェコに1年間の交換留学、博士課程で再度イギリス・ロンドン、チェコ・プラハに2年間留学し、
 美術史学研究のための調査と美術館教育のフィールドワークを実施

神戸大学大学院工学研究科2年生
 アメリカ・ユタ、アフリカ・ガーナに1年間の留学、住宅・診療所を設計し施工するデザインビルドのワークショップを実施

神戸大学経済学部4年生
 ベルギー・ルーヴァンに約10ヶ月間の交換留学、現地の商工会議所で活動・ジャパンイベントのボランティア等を実施

(国際部国際交流課)