関典子×竹谷嘉人 dance×paint インスタレーション・パフォーマンス 「 ピ ク。」

2018年03月17日

昨年度2016年12月に開催し、多くの反響を集めた「神戸大学KIITOプロジェクト」第二弾。

今回は、神戸大学人間発達環境学研究科准教授/舞踊家の関典子と東京在住の絵描き竹谷嘉人によるインスタレーション・パフォーマンスを通して、KIITOの魅力の再発見を試みる。

開催概要

ポスター(PDF形式)
企画
関典子×竹谷嘉人 dance×paint インスタレーション・パフォーマンス「 ピ ク。」
日時
2018年3月17日(土) 19:00 / 20:00
2018年3月18日(日) 18:30(計3回公演)
観覧無料 / 当日参加可(事前予約優先)
上演時間:約20分
受付開始:各回15分前
会場
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
申し込み
当日参加も可能ですが、事前予約優先のため、極力ご予約ください。ご予約は、件名を「ピク。予約」として、「希望日時・氏名・電話番号・メールアドレス」を、関典子までメールにてお送りください
※お送りいただきました個人情報は,本企画の運営管理のみに利用させていただきます。
プロフィール
関 典子(Noriko Seki)
幼少よりバレエを学び、コンテンポラリーダンスに転向。H・アール・カオス、冨士山アネット、和栗由紀夫、寺田みさこ、サイトウマコトなどの作品に出演。近年はソロ活動を中心に様々なジャンルとのコラボレーションを多数実施。兵庫県立芸術文化センター所蔵「薄井憲二バレエ・コレクション」キュレーター。日本ダンス評論賞、兵庫県芸術奨励賞、神戸市文化奨励賞など受賞。

竹谷嘉人(Yoshito Taketani)
11月28日生まれ。東京在住。絵描き。東京藝術大学先端芸術表現学科卒業。特定の作風や表現方法に拘らず、イラストを中心に異業種とのコラボレーションを多数実施。独特な線描表現やペイントパフォーマンスはSNSでも国内外の注目を集めている。取引先に講談社、ヴィレッジヴァンガード、TBS、ha|za|ma、DMM、VANTANなど。即興ライブペイント全国大会L.A.B二連覇、デジタルアートバトルLIMITS世界大会出場。
関連web
学術Weeks 2017「関典子×竹谷嘉人 dance×paint workshop 「 ピ ク。」」(2017年12月開催)
【概要】 http://www.h.kobe-u.ac.jp/ja/node/4908
【動画】 https://youtu.be/fD60yvupdyY
神戸大学KIITOプロジェクト「KIITO実験展―KIITO実験展―彫刻と身体による空間の再認識、再検証。
(神戸大学 KIITOプロジェクト―大学のアートリソースの地域連携活用に関する実践研究1)」(2016年12月開催)
【概要】 http://kiito.jp/schedule/event/article/18991/
【動画】 https://youtu.be/bFBuZBxfsjs
お問い合わせ
関 典子研究室(神戸大学人間発達環境学研究科人間発達専攻
主催
神戸大学KIITOプロジェクト実行委員会
助成
神戸文化支援基金
協力
デザイン・クリエイティブセンター神戸
スタッフ
金子彰宏 他

(人間発達環境学研究科)