神戸大学海事博物館 2018年度春季展示

2018年03月26日

ポスター(PDF形式)

神戸大学海事博物館の2018年春季展示をご案内いたします。

神戸大学附属図書館は、所蔵資料をひろく紹介する資料展を毎年開催しています。今回は、2017年秋に社会科学系図書館で開催した資料展を、海事博物館で巡回展示する運びとなりました。附属図書館の代表的なコレクションである「住田文庫」「神戸開港文書」、およびこれらデジタルアーカイブの情報も織り交ぜ、開港を機とした近代神戸の歩みをご紹介いたします。

また同時開催として、絵葉書写真展「昔の神戸港」をご紹介いたします。ほかにもコレクション展として、神戸大学海事科学研究科・海事科学部の創基100年におよぶ海技者教育の歴史、あるいは江戸時代から現代にいたる海・船・人の多様な資料をごらんいただけます。

神戸開港、兵庫県成立150年の節目にあたり、近代神戸を改めて振り返る機会となるよう企図いたしました。どうぞ、ごゆっくりご観覧ください。

開催概要

① 神戸大学サテライト巡回展(附属図書館29年度資料展)
 「近代神戸の航路をたどる ~開港150年を迎えて~」

② 海事博物館ギャラリー展示
 「昔の神戸港 ~近代の移り変わり~」

③ 海事博物館コレクション展
 「神戸における海技者教育100年のあゆみ/海と船の過去・現在・未来」

会期
2018年3月26日 (月) ~ 2018年6月29日 (金)
入場は無料です
時間
毎週 月・水・金 13:30 ~ 16:00 (祝日を除く)
ただし、3/27(火)は臨時開館。4/28(土)~5/6(日)の間は休館いたします。
場所
神戸大学海事博物館 [アクセス Map]
〒658-0022 兵庫県神戸市東灘区深江南町5丁目1-1 (阪神深江駅より徒歩8分)
問合せ先
神戸大学海事博物館
TEL 078-431-3564(不在の場合は078-431-6200)
主催

(海事博物館、附属図書館)