神戸大学海事博物館 企画展「和船の活躍した時代」

2019年07月12日

神戸大学海事博物館において、本年度の企画展「和船の活躍した時代」を開催いたします。

陸路の物流がまだ発展途上であった江戸時代中期から明治時代の中頃にかけて、物資の大量輸送は廻船による海路が中心でした。とくに日本海、瀬戸内海を経由する西廻り航路は、風待ちや荒天を避けることができる天然の良港に恵まれていたことから、大阪の繁栄とも相まって大いに発展しました。この海路で活躍した船が、いわゆる北前船(きたまえぶね)とよばれる廻船です。

この北前船に関する地域歴史遺産を保存活用するために『荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~』が平成29年4月、文化庁の日本遺産(Japan Heritage)に認定されました。その後、平成30年5月に神戸市など27市町、令和元年5月に7市町が追加認定され、全45市町におよんでいます。当館所蔵の和船資料も一部がこの日本遺産に登録されています。今回は、現代海運の礎ともいえる近世の廻船物流について、海路が賑わいを見せた往事を振り返ります。

また平成27年より実施している「サテライト巡回展」を本年度も六甲台キャンパス、深江キャンパスで展開し、海事博物館企画展をはじめとした展示を巡回して、より多くの学生・市民のみなさまにご覧いただく機会を設けてまいります。皆様のご来場をお待ちしております。

開催概要

ポスター

期間 
  2019年7月12日(金)~2020年3月30日(月)
  ※ただし、祝日および以下の期間は休館
  8月8日(木)~8月22日(木),12月24日(火)~1月14日(火)

時間
  毎週月・水・金曜日、13時30分~16時00分

場所
  神戸大学海事博物館(深江キャンパス)

関連事業
  市民セミナー(大学院海事科学研究科公開講座)11月2日(土)午後開催 
  ※和船、北前船をテーマとしたセミナーです。詳細は後日公表します。

 

ポスター

サテライト巡回展
  2019年12月2日(月)~2020年2月10日(月) 会場:神戸大学百年記念館
  2020年3月13日(金)~2020年4月30日(金) 会場:神戸大学社会科学系図書館
   ※その他は別紙チラシを参照。

主催
  神戸大学海事博物館

料金
  無料

問い合わせ先
   神戸大学海事博物館 電話:078-431-3564
   ※開館時間やアクセス等、詳しくは海事博物館ホームページをご覧ください。

 

 

 (神戸大学海事博物館)