日本火山学会第26回公開講座 シンポジウム「超巨大噴火を起こした海の火山-鬼界火山」

2019年09月28日

9月28日(土)に百年記念館六甲ホールにて、日本火山学会第26回公開講座 シンポジウム「超巨大噴火を起こした海の火山-鬼界火山」を開催いたします。

タイトルにある「鬼界火山」は、九州の南約40kmに位置する海の火山です。今から約7300年前に破局的な超巨大噴火を起こした際、日本列島を火山灰に包み、噴火中心部では海底に20kmのカルデラを作りました。現在も薩摩硫黄島において、活発な火山活動を続けています。

本講座では、この鬼界火山について、超巨大噴火とその後の活動、火山ガスの放出などに関する最新の研究成果、またジオパークとしての鬼界火山や、薩摩硫黄島の魅力などを、専門家達がわかりやすく解説していきます。本学からも、海洋底探査センターの巽好幸教授・センター長が講師として参加いたします。

申込不要でどなたでもご参加いただけます。たくさんの皆さまのお越しをお待ちしております。

開催概要

日時
2019年9月28日 (土) 午前10時00分~12時10分
場所
神戸大学 百年記念館六甲ホール [Map]
参加費
無料。一般・学生等、どなたでもご参加いただけます。申込等不要
(※ ホールの収容人数に限りがありますので、参加多数の場合は、入場できない場合があります。ご了承ください)
講師
巽好幸(神戸大学 海洋底探査センター(KOBEC)センター長・教授)
篠原宏志(産業総合研究所首席研究員・日本火山学会会長)
大岩根尚(三島村・鬼界カルデ ラジオパーク顧問)
お問い合わせ先
公開講座実行委員会
メール kazankouza@people.kobe-u.ac.jp

(理学研究科)