第165回 都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナール (&ひょうご防災リーダーOB公開講座)

2012年10月14日

都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナールには、都市安全研究センターの各研究室の在学生のほか、卒業生、自治体の都市・建築・消防関係の職員、コンサルタントのスタッフ、安全・安心に関心を持つ市民等が参加されています。

参加費は無料です。ご興味のある方は遠慮なくご参加ください。

開催概要

日時
2012年10月14日 (日) 14:00~17:00
会場
神戸大学 百年記念館 (神大会館) 六甲ホール [六甲台第2キャンパスのNo.57]
(ご注意: 月1回の土曜日の定期開催とは異なる会場です)
  • 徒歩: 阪急「六甲」駅から約15~20分
  • バス: 阪神「御影」駅、JR「六甲道」駅、阪急「六甲」駅から、神戸市バス36系統鶴甲団地行、鶴甲2丁目止まり行き乗車「神大文理農学部前」下車、「神大本部工学部前」下車
定員
300名
参加申込方法
兵庫県広域防災センターのホームページhttp://www.fire-ac-hyogo.jp/bosaileader.htmlからダウンロードした「講座参加申込書」により郵送、FAXまたは電子メールで受け付けます。
  • 申込先: 〒673-0516 三木市志染町御坂1-19 兵庫県広域防災センター 防災教育担当 「公開講座担当」
  • 電話: 0794-87-2920, FAX: 0794-87-2925
  • 電子メール: koikibosai@pref.hyogo. lg.jp

※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

詳細情報
http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/

プログラム

  1. 東日本大震災を踏まえた災害情報、災害報道のあり方 (山崎 登 NHK解説委員)
  2. 東日本大震災の経験を踏まえた津波への避難対応 (北後 明彦 神戸大学都市安全研究センター教授)
  3. 東日本大震災からの復興の状況について ~南三陸町の現状と今後の展望について~ (畑 文隆 南三陸町復興事業推進課技術参事兼課長補佐)