神戸大学創立110周年記念事業 神戸大学環境管理センター特別講演会「日本のエネルギー政策の転換」

東日本大震災にともなう福島原発事故を受けて、日本のエネルギー政策の抜本的な見直しが不可避の状況となっています。これまで原子力発電で担っていた電力を再生可能エネルギーで賄うことはできるのでしょうか。環境経済学の第一人者であり、再生エネルギー固定価格買い取り制度を取りまとめられた植田先生をお招きして、新しい日本のエネルギー政策のあり方を議論します。

開催概要

日時
2012年11月9日 (金) 15:10~17:00
講師
京都大学大学院経済学研究科長 植田 和弘 教授
  総合資源エネルギー調査会基本問題委員会委員
  調達価格等算定委員会委員長
会場・アクセス方法
神戸大学 瀧川記念学術交流会館 [六甲台第2キャンパスのNo.54]
阪神御影駅、JR六甲道駅、阪急六甲駅から神戸市バス36系統「鶴甲団地」行きまたは「鶴甲2丁目止まり」行きに乗車に乗車「神大文・理・農学部前」にて下車
参加費
無料 (申し込み不要)
主催
神戸大学環境管理センター
お問い合わせ先
神戸大学環境管理センター
Tel: 078-803-5990
Email: cema@research.kobe-u. ac.jp

※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

(環境管理センター)