安全・安心のための防災・減災技術シンポジウム「災害科学における情報マネジメントの現状と展望」

神戸大学と東北大学は、平成23年10月に災害科学分野における包括協定を締結致しました。この協定の締結により、両大学が連携して東日本大震災の被災地の再生や、人類に共通する災害復興問題に貢献することが期待されています。

このたび、震災復興のプロセスや今後の地震対策、地震により被害を受けた地域における豪雨時の二次災害軽減や環境モニタリングなどに関連する最新の研究動向・情報を共有し、災害時の情報入手、伝達、管理などに関する総合的な議論を行い、今後の発展的協力の可能性を探るためのシンポジウムを開催することになりました.

ぜひともご参会いただきますよう、多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

開催概要

日時
2012年12月20日 (木) 13:00~17:40
会場
東北大学青葉記念会館4F大研修室 [キャンパスマップ]
(〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻青葉6-6)
共催
国立大学法人神戸大学、国立大学法人東北大学
後援
On Site Visualization研究会、がれき処理コンソーシアム
参加費
無料
参加申し込み方法
  • 参加される方々の所属と氏名を柳原 yanagihara.osv@ gmail.com まで電子メールでご連絡ください。
  • 平成24年12月12日 (水) までにお申込みください。
交流会
シンポジウム後、同会館3Fレストラン四季彩にて開催
参加費: 3,000円 (予定)
お問い合わせ先
神戸大学大学院工学研究科 柳原
メール: yanagihara.osv@ gmail.com
電話: 078-803-6239

※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

詳細
詳細はチラシ (PDF形式) にてご確認ください。

プログラム

時間 題目 講演者
13:00~13:05 開会挨拶 芥川 真一
(神戸大学大学院工学研究科市民工学専攻 教授)
13:05~13:35 災害科学国際研究所の活動 真野 明
(東北大学災害科学国際研究所 教授)
13:35~14:05 災害復興の視点からみた低レベル放射能汚染の除染事業 飯塚 敦
(神戸大学都市安全研究センター・センター長 教授)
14:05~14:35 震災がれきの処理と建設材料としての利用 北辻 政文
(宮城大学食産業学部環境システム学科 教授)
14:35~15:05 社会資本ストック推計と経済被害予測 小池 淳司
(神戸大学大学院工学研究科市民工学専攻 教授)
15:05~15:15 休憩
15:15~15:45 災害科学における原位置情報可視化の効用と可能性について 芥川 真一
(神戸大学大学院工学研究科市民工学専攻 教授)
15:45~16:15 復興計画の現場と情報管理 平野 勝也
(東北大学災害科学国際研究所 准教授)
16:15~16:45 大規模災害時におけるソーシャルメディアと交通行動 織田澤 利守
(神戸大学大学院工学研究科市民工学専攻 准教授)
16:45~17:15 津波緊急避難情報システムとその社会実験 寺田 賢二郎
(東北大学災害科学国際研究所 教授)
17:15~17:35 フリーディスカッション
17:35~17:40 閉会挨拶 京谷 孝史
(東北大学大学院工学研究科土木工学専攻 教授)

(震災復興支援・災害科学研究推進室)