東北大学・神戸大学共同企画「東日本大震災心のケア」シンポジウム'2012 ―杜の都に異人館の風プロジェクト―

本シンポジウムは、神戸大学平成24年度東北大学等との連携による震災復興支援・災害科学研究推進活動、及び東北大学高等教育開発推進センター学生相談所事業として開催いたします。

被災地の長期的な心のケア支援を考えていく上で、被災地の状況とそこで求められている支援を知ることが重要であると考えられます。今回は、4人の話題提供者から、その地域の今とどのような支援が求められているのかを報告していただき、今後何をすべきかを考えていきたいと思います。

お申し込みは不要で、どなたでもご参加いただけます。

開催概要

日時
2013年3月2日 (土) 15:45~18:15
会場
東北大学 文科系総合研究棟 (教育学部・教育学研究科) 3階306教室
参加費
無料 (お申し込み不要)
話題提供
  1. 池田 忠義 (東北大学高等教育開発推進センター・准教授)
    「東日本大震災が大学生の生活・心身に及ぼした影響―学生相談を通して 見る大学生の状況―」
  2. 森谷 静 (東北学院大学カウンセリングセンター・カウンセラー)
    「南三陸町の仮設住宅におけるカフェを通しての心理支援」
  3. 日潟 淳子 (神戸大学大学院人間発達環境学研究科・研究員)
    「震災経験と震災後メンタルヘルスについて―被災4県調査から―」
  4. 則定 百合子 (和歌山大学教育学部・准教授)
    「福島県中通りにおける震災に対する意識と行動―教師・生徒面接から―」
主催
東日本大震災心のケア神戸大学・東北大学連携プロジェクト
齊藤誠一・吉田圭吾・森岡正芳・池田忠義
お問い合わせ先
E-mail: shinsai@kobe-u. ac.jp
電話・ファックス: (078)803-7707 齊藤誠一研究室
※事前申し込みは不要です。

※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

詳細
ポスター (PDF形式) をご覧ください。
備考
なお、当日は13:00から15:30まで、同じ建物で、東北大学大学院教育学研究科教育ネットワークセンター公開講演会“第3回東日本大震災後の子ども支援”「災害を経験した子どもたち~北海道南西沖地震から20年を迎える奥尻島を例に~」が開催されています (要事前申込み)。詳細は、http://www.sed.tohoku.ac.jp/~s-children/20130302.pdf をご覧ください。

(震災復興支援・災害科学研究推進室)