評価・IRシンポジウム「大学に求められるIR機能の実現に向けて」

大学評価制度の導入、高等教育予算における基盤的経費の縮減等に伴う大学経営の高度化に向けた取組等、近年、日本の大学を取り巻く外部環境の変化に対応するため、インスティテューショナル・リサーチ (以下、「IR」という。) への関心が増大しています。

本シンポジウムでは、IR先進国である米国のIR部門の機能と現実に係る情報を参考に、日本の大学が実現したい (または実現できる) IR機能とは何かについて、講演とパネルディスカッションを行います。

より具体的には、高等教育に係る政策立案を所管する文部科学省、中央審議会等に深く関わっている大学関係者、大学におけるIR実務者の各界関係者からの報告を踏まえ、政策立案者及び社会が日本の大学に期待するIRと大学で展開されている実際のIR業務を照合し、日本型IRのあるべき姿、それを担ううえで不可欠となる人材や中間組織の充実等、日本の大学においてIRを普及・定着させるための展望と課題について討議を行う予定です。

開催概要

日時
2013年8月22日 (木) 13:30~17:10
場所
神戸大学百年記念館 (神大会館) 六甲ホール [六甲台第2キャンパスのNo.57]
参加費
無料
定員
200名 (定員に達し次第、参加受付を停止いたします。あらかじめご了承願います。)
主催
神戸大学
共催
大学評価コンソーシアム (参考情報)
申し込み方法
[1] 氏名、[2] 所属機関・部署 (または職業)、[3] メールアドレス (または電話番号) を、以下のいずれかの方法で送信願います。
  1. メールアドレス: plan-symposium2013@office.kobe-u. ac.jp

    ※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

  2. FAX: 078-803-5024
    FAX用紙 (Word形式) | FAX用紙 (PDF形式)

※上記のいずれの方法もご利用いただけない場合、以下の「お問い合わせ先」に記載しております電話番号でもお申し込みを承っております。

お問い合わせ先
神戸大学企画部企画課
TEL: 078-803-5018

プログラム

時間 内容
13:00~ 開場・受付
13:30~14:40
  • 開会挨拶
  • 司会進行 神戸大学 大学教育推進機構教授 川嶋 太津夫
  • 講演第1部
    講演1 東京大学 大学総合教育研究センター教授 小林雅之
    事例1 神戸大学 企画評価室准教授 浅野茂
14:50~15:50
  • 講演第2部
    事例2 京都光華女子大学 情報教育センター准教授 阿部一晴
    講演2 文部科学省 高等教育局大学振興課大学改革推進室長 松坂浩史
16:00~17:00
  • パネルディスカッション
    モデレーター: 九州大学 基幹教育院准教授 小湊卓夫
    パネリスト: 講演者
    コメンテータ: 同志社大学教授 山田礼子,
            メイン州立大学オーガスタ校 Institutional Research & Planning Analyst 本田寛輔
17:00~17:10
  • 総括

参考情報

大学評価コンソーシアムは、2013年8月22(木) 及び23(金) の両日にわたって、大学関係者を対象に「大学評価担当者集会2013」を同一会場で開催しております。大学評価コンソーシアムの活動にご興味、ご関心がある方は、次のURLをご参照ください。 http://iir.ibaraki.ac.jp/jcache/index.php?page=event2

(企画評価室)

2013年6月27日