シンポジウム「スパコンが拓く未来の産業と生活 ~神戸ポートアイランドからの発信~」

「京」の共用開始1年を経て「京」の成果について述べるとともに、特に産業界でシミュレーション技術がどう使われだしているか、その結果として生じる産業上のブレークスルーを経営的な視点で紹介します。

合わせて神戸にあることの意義や今後の期待、ポスト京の現状についてもご説明する予定です。

2013年9月20日(金) 17:00に受付を終了いたします。

開催概要

日時
2013年9月22日 (日)
見学会 12:30~13:45
講演会 14:00~17:30
講演会受付開始時間
13:30~
場所
神戸大学統合研究拠点 コンベンションホール
(〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-48)
定員
350名 (先着順)
参加費
無料
申込方法
下記のいずれかの方法にてお申込みください。※先着順、定員になり次第締切
FAX
チラシ (PDF形式) に必要事項をご記入の上、下記FAX番号に送信してください。
FAX: 049-259-1174
WEB
メールフォームに必要事項をご入力いただき送信してください。
お問い合わせ先
スパコンシンポジウム受付担当
049-259-1171 (平日9:00~17:00)
主催
理化学研究所計算科学研究機構
高度情報科学技術研究機構
計算科学振興財団
神戸大学
スーパーコンピューティング技術産業応用協議会
次世代スーパーコンピュータ利用推進協議会
バイオグリッドセンター関西
協力
神戸市
後援
文部科学省 (予定)
HPCIコンソーシアム
兵庫県

プログラム

見学会
時間 内容
12:30~13:45 理化学研究所 計算科学研究機構 (スーパーコンピュータ「京」)
高度計算科学研究支援センター (2階 分散コンピュータ博物館)
神戸大学統合研究拠点 (3D可視化映像13:15~)

※見学自由。但し、神戸大学統合研究拠点の3D可視化映像は13:15から。一回のみ・途中入場不可。

講演会
時間 内容
14:00~14:05
主催者挨拶
神戸大学長 福田 秀樹
14:05~14:20
来賓挨拶
金澤和夫(兵庫県副知事)
吉田大輔(文部科学省研究振興局長)
14:20~14:40
講演1
スーパーコンピュータ「京」への神戸の期待
神戸市長 矢田 立郎
14:40~15:00
講演2
「「京」を中核としたスーパーコンピュータの成果」
平尾公彦(理化学研究所計算科学研究機構長)
15:00~15:30
講演3
産業界におけるスーパーコンピュータの利活用推進について
内山田竹志(スーパーコンピューティング技術産業応用協議会委員長、トヨタ自動車代表取締役会長)
15:30~16:00
講演4
「京」の産業利用促進と次期エクサ級コンピュータへの期待
大橋忠晴(次世代スーパーコンピュータ利用推進協議会会長、川崎重工業相談役)
16:00~16:15
休憩
16:15~16:50
講演5
ペタからエクサへ―エクサスケールを目指す世界の動き―
小柳義夫(神戸大学大学院システム情報学研究科特命教授)
16:50~17:25
講演6
バイオグリッドHPCIプロジェクト:「京」から生まれるIT創薬コンソーシアム
奥野恭史(京都大学大学院薬学研究科教授、先端医療振興財団先端医療センター研究所グループリーダー)
17:25~17:30
閉会挨拶
関昌弘(高度情報科学技術研究機構理事長)

※プログラム等は変更になることがあります。

 

(統合研究拠点)