第176回 都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナール

都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナールは、広く社会に都市安全研究センターの活動を広く公開するとともに、関連する各分野の皆様からの報告を通じて、安全な社会としていくための研究や実践のあり方を議論しています。大学の教職員・学生のほか、安全・安心に関心を持つ市民の方々や、コンサルタントなどの民間企業の方々、自治体の消防・建築・地域関係の職員の皆様などが参加されています。

参加費は無料で、事前登録不要です。ご興味のある方は遠慮なくご参加ください。

開催概要

日時
2013年10月19日(土)14:00~17:00
会場
神戸市役所4号館 (危機管理センター) 1階会議室
(所在地: 兵庫県神戸市中央区江戸町97-1、TEL: 078-322-5740)
司会
神戸大学都市安全研究センター教授 北後 明彦
お問い合わせ先
神戸大学都市安全研究センター
(所在地: 兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1、TEL: 078-803-6437、FAX: 078-803-6394)
詳細情報
http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/

プログラム

1. 産官民連携によるパートナーシップ型地域防災

紅谷 昇平 (神戸大学大学院国際協力研究科特命准教授 (社会科学系教育研究府兼務))

これまでの災害では、企業、市民、自治体などが個別に災害対応にあたってきました。また行政でも、市町村が対応できない場合には県に、県が対応できない場合には国に要請を行い、資源の確保・調整をしてもらう仕組みでした。

しかし東日本大震災では、自治体間や官民間での様々なレベルでの水平的な支援・連携がみられました。平時から、自治体や民間企業、市民、NPO等との連携を進めることによって、地域社会全体の災害対応能力を高めることが可能になります。このような「パートナーシップ型地域防災」の取組事例について紹介し、その可能性について考えていきます。

2. 大災害時の市民、事業所の効果的な防災活動について

松山 雅洋 (神戸市消防局予防部長)

南海トラフ地震や首都直下地震等の大災害では、市民、企業の自主防災活動が被害の軽減に大きな力となります。阪神・淡路大震災では、三ツ星ベルトの自衛消防隊や神戸商船大学白鳳寮の寮生が消火や救助に目覚しい働きをされています。また、JR福知山線列車脱線事故等でも事故周辺企業が救出、救護に活躍されました。一方、米国でも1994年に発生したノースリッジ地震では、市民のボランティアチームであるCERTが活躍しています。

これらの事例から市民、企業の大災害時の効果的な防災活動のあり方について考察します。

(都市安全研究センター)