ESD (Education for Sustainable Development) 神戸大学ESD公開授業

2014年01月15日

市民の皆様と学生との対話を通じて共に持続可能な社会づくりを考える、市民参加の公開授業を実施します。

神戸大学では、発達科学部・文学部・経済学部・農学部・国際文化学部・工学部・医学部の7つの学部が協働しESD (持続可能な開発のための教育) コースを運営しています。ESD論の授業では、講義とフィールワークにより様々な社会の課題を検討してきました。その成果を履修学生自身の企画により発表するシンポジウムを開催します。学生発表を基に市民の皆様と一緒に持続可能な社会づくりを考える公開授業です。

開催概要

日時
2014年1月15日(水) 17時00分~19時00分 (開場16時40分)
会場
神戸大学全学共通教育部 講義棟K601教室
(神戸市灘区鶴甲1丁目2-1 神戸大学鶴甲第1キャンパス)
参加
一般・社会人の方も参加可能です。
申込
参加者数の把握のため、1月15日(水)の12時までに下記のeメール又はファックスへ、氏名・職業(所属団体)・連絡先をお知らせください。
(収集した情報は本シンポジウム開催以外の目的で利用することはありません。)
その他
この講演会は、三菱UFJ環境財団の支援を受けて開講する神戸大学ESDコースの授業 (ESD論-持続可能な社会づくり2) の一環として実施します。
主催
神戸大学ESD専門委員会
申込問合
神戸大学大学院人間発達環境学研究科ヒューマン・コミュニティ創成研究センター
電話: 078-803-7970(平日の10時~17時), FAX: 078-803-7971
esdkobe@koala.kobe-u. ac.jp

※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

関連リンク

(人間発達環境学研究科ヒューマン・コミュニティ創成研究センター)