サイエンスカフェ神戸/対話型パブコメ「次のスパコン“ポスト『京』”の『使い方』を考える」

2014年05月02日

神戸ポートアイランドで活躍する「京」に代わり、再び世界一を目指す新しいスーパーコンピュータ (エクサ・スケール・スーパーコンピュータ) の開発が始まろうとしています。

このスパコンを使って、どのような社会の課題、科学の問題に取り組むべきか文部科学省が幅広い人々の意見 (パブリックコメント) を求めています。(http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/04/1346465.htm)

1人で情報を調べて、考えて、コメントをまとめて提出するのはなかなか大変ですが、スパコンでできること、「京」の成果などについて簡単な説明を聞いて、みなさんで語りあい、取り組むべき課題について考えてみるのはいかがでしょうか? 意見を伝えるお手伝いもさせていただきます。

幅広いみなさまにご参加いただければと思います。

(パブリックコメント制度 (略してパブコメ) は、国や自治体が政策をつくっていく上で、広く市民の皆さんから意見や情報を募集する仕組みです。)

開催概要

日時
2014年5月2日(金) 18時半~20時半頃
会場
神戸大学統合研究拠点 4階ラウンジ
(神戸新交通ポートライナー三宮駅より乗車 京コンピュータ前駅にて降車、南へすぐ)
ゲスト
江口 至洋 氏 (理化学研究所 HPCI計算生命科学推進プログラム 副統括) ほか
定員
20名程度 (先着順です。事前予約をお願いします)
参加費
800円 (ケーキセット代:ご希望の方はサンドイッチに変更できます)
参加申し込み・お問い合わせ
神戸大学サイエンスショップ
メール: scicafe@radix.h.kobe-u. ac.jp
FAX: 078-803-7979 (お電話の場合、担当者が不在の時間があります)

※ お申し込みの際お送りいただきます個人情報は、この催しの運営管理にのみ利用させていただきます。
※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。
主催
神戸大学サイエンスショップ
共催
PESTI

※今回のサイエンスカフェは、PESTIとパブコメ普及協会によって開発された「対話型パブコメ」の一環として開催されます。
PESTIはJST/RISTEX科学技術イノベーション政策のための科学研究開発プログラム「STIに向けた政策形成プロセスへの関心層別関与フレ―ム設計 (代表:加納圭)」の略称です。
「対話型パブコメ」は、従来のパブコメを発展させた新しいパブコメの仕組みです。詳しくは対話型パブリックコメントFacebookページをご覧ください。

関連リンク