第185回 都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナール

2014年07月19日

都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナールは、広く社会に都市安全研究センターの活動を広く公開するとともに、関連する各分野の皆様からの報告を通じて、安全な社会としていくための研究や実践のあり方を議論しています。大学の教職員・学生のほか、安全・安心に関心を持つ市民の方々や、コンサルタントなどの民間企業の方々、自治体の消防・建築・地域関係の職員の皆様などが参加されています。

参加費は無料で、事前登録不要です。ご興味のある方は遠慮なくご参加ください。

開催概要

日時
2014年7月19日(土) 14:00~17:00
会場
神戸市役所4号館 (危機管理センター) 1階会議室
(所在地: 兵庫県神戸市中央区江戸町97-1、TEL: 078-322-5740)
司会
神戸大学都市安全研究センター教授 北後 明彦
共催
神戸市消防局
お問い合わせ先
神戸大学都市安全研究センター
(所在地: 兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1、TEL: 078-803-6437、FAX: 078-803-6394)
詳細情報
http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/

プログラム

フィリピンにおける災害対応体制と災害後ニーズ評価に基づく災害復興 (仮題)

2013年台風30号 (ヨランダ) による被災と復旧・復興状況現地調査報告

金子 由芳 (神戸大学大学院国際協力研究科教授)
北後 明彦 (神戸大学都市安全研究センター教授)
本荘 雄一 (公益財団法人神戸都市問題研究所)
豊田 利久 (神戸大学名誉教授)

2013年11月にフィリピンを襲った観測史上例を見ないほど猛烈な台風30号 (フィリピン名ヨランダ) への災害対応、地域コミュニティ (バランガイ) における避難、及び、復旧・復興計画策定状況等について、フィリピンレイテ島及びサマール島において現地調査を実施した。2010年に大幅な見直しのあったフィリピンの防災体制の下で、どのような災害対応が行われたのか、また、国連や世界銀行、ドナー機関等との連携により、災害後ニーズ評価 (PDNA) を通じて作成されつつあった各地の復興計画策定状況、及び、このような枠組みでの復旧・復興過程の特徴、問題点などを報告する。

(都市安全研究センター)