[医学研究科] 青井特命教授らの研究グループがiPS細胞誘導技術をがん研究に応用し、人工的に大腸がん幹細胞を作製することに成功

2014年07月10日

神戸大学大学院医学研究科内科系講座iPS細胞応用医学分野・青井貴之 (あおい たかし) 特命教授と、京都大学大学院医学研究科消化管外科学講座/同iPS細胞研究所所属の大嶋野歩 (おおしま のぶ) 研究員らの共同研究グループは、iPS細胞誘導技術をがん研究に応用することで、人工的に大腸がん幹細胞を作製することに成功し、この研究成果は、米科学誌「PLOS ONE」に7月10日(木)に掲載されました。

この研究成果によって、これまで採取が困難であったがん幹細胞と同様の特徴をもつ細胞を豊富に入手することが可能になり、がん幹細胞がもつ性質について、より詳細な研究が可能となり、がん幹細胞を標的とした新しい診断技術・治療薬の開発に役立つことが期待されます。

関連リンク

(医学研究科)