神戸大学の学生がラベルデザインしたペットボトル緑茶を新発売

2014年11月10日

「神大緑茶」

新しくラベルデザインしたペットボトル緑茶「神大緑茶」が11月8日~9日に開催された神戸大学六甲祭でデビューしました。

このペットボトル・ラベルデザイン企画は、4月に学生サークル「KooBee」から、大学への愛着や帰属意識を高める目的で新デザインを作りたいと、広報室に提案があったところから始まりました。広報室ではUI活動を推進しており、この企画が大学のブランディングに寄与すると判断し、販売元となる神戸大学生協に協力を求め、学生主導で実現しました。

ラベルには、六甲台キャンパスの百年記念館で過ごす学生たちが描かれ、「いつも落ち着く場所がある」というキャッチコピーが入っています。商品名はKooBeeが学内で公募し、「神大緑茶 (しんだいりょくちゃ)」に決定しました。

本日より神戸大学生協の国際文化学部店で限定販売。14日からは、キャンパス内のすべての生協でも販売します。学内販売価格は、税込98円。

KooBee、神戸大学生協、広報室でデザインを最終調整

(広報室)