サクラ咲く 前期日程の合格者発表に掲示板前は歓喜の渦

2015年03月09日

神戸大学は3月9日(月)、平成27年度入学試験前期日程の合格者を発表しました。11学部を5,345人が受験し、2,021人が合格しました。平均倍率は2.6倍。最も競争率が高かったのは工学部市民工学科の4.7倍でした。

午前10時から各学部前で合格者の受験番号が張り出されました。六甲台本館玄関前では、受験生が固唾を飲んで見守るなか、経済学部、経営学部、法学部の合格者番号が張られたボードが引っ張り出されました。自分の番号を見つけて大きな声で「やったーっ」と叫んだり、しみじみと喜びを噛み締める女子生徒も。運動系、文化系部活のメンバーやサークルの学生たちが新入生に歓迎イベントのチラシを配り、アメリカンフットボール「RAVENS」のメンバーは合格者を次々と空高く胴上げ。合格者はこれから始まる大学生活に胸を躍らせていました。

経済学部に合格した高松高校3年生の男子生徒は「今日までとてもドキドキしていました。素直に嬉しいです。神戸大学経済学部は、日本トップクラスなのでしっかり勉強し、目標を定めていきたい」と話していました。

(広報室)