「グローバル教育推進セミナー in ブリュッセル~キャリア形成を目指して~」を開催しました

2015年04月07日

OB/OGとのトークセッション

3月5日(木)、神戸大学ブリュッセルオフィスで欧州神戸大学同窓会の協力のもと、グローバルなキャリア形成に関するセミナーを開催しました。セミナーには、1980年代の卒業生から現在も海外の大学院で研究を続けている4人[中谷彰宏氏(Goodyear Dunlop TiresEurope BV 工学研究科修了)、西村仁志氏(TOYOTA MOTOR EUROPE 経済学部卒)、中山清敬氏(KANEKA BERLGIU N.V. 農学研究科修了)、白鳥広海氏(フランクフルト大学大学院博士後期課程在学中 理学部卒)]を講師に招き、それぞれのキャリアパスを紹介しました。

参加者は、欧州各地に留学中の学生をはじめ、EU文化研修プログラムで渡欧中の学生ら21人(国際文化学部、国際文化学研究科、法学部、経済学部、経営学部)。欧州地域で実際に活躍する卒業生の具体的な経験を学ぶとともに、活発な意見交換を行い、参加学生は自身のキャリア形成に対して大きな刺激を受けることができました。

講演者からは大学で学んだことを軸に、その後の企業での経験や海外派遣などの人生の転機における選択等、それぞれ専門分野は異なっていても人生のターニングポイントとなる出来事から次のステップに向かうチャレンジ精神、人との出会い、仕事に関する当事者意識、異業種交流、国籍を超えた仲間との信頼関係の大切さなど貴重な発表があり大変有意義でした。

またセミナー中に開催したフリートークセッションでは学生が講演者に対し次々と質問。講演者は現役学生の学習意欲の高さに感心していました。ロールモデルとなるOB/OGからの温かいアドバイスが、学生各々の未来像に目標をもたせるきっかけとなり、海外に広く目を向け活躍の場を広げるための一助となるよう、今後もこのような機会を重ねていくことが期待されます。

今年も欧州派遣学生が欧州で活躍中の卒業生とFACE to FACEでつながりました


関連リンク

(大学教育推進機構グローバル教育部、留学生センター、キャリアセンター)