外国人留学生のための「グローバルキャリアセミナー2014-2015」を開催しました

2015年06月11日

「グローバルキャリアセミナー2014-2015」(留学生センター主催)が4月22日(水)、神戸大学百年記念館(神大会館)で行われました。本セミナーは日本での就職を希望する神戸大学の留学生に向けた就職支援の一環として行われており、1年を通してガイダンス・説明会等を4回実施しています。今回は就職カレンダーの変更に伴い、年度を跨いで4月に「グローバルジョブフェア(企業説明会)」という形式で開催することとなりました。
開催にあたっては、神戸キャリアセンター、六甲台就職情報センター、社団法人神戸大学工学振興会、国際文化学部キャリアデザインセンター、発達科学部キャリアサポートセンターからの協力を得、30社の企業、4機関からの参加がありました。
セミナー当日は新学期が始まり間もない時期ではありましたが、授業の空き時間や放課後の時間を利用して多くの留学生が会場に足を運んでいました。会場内では、2016年の就職を目指す留学生だけでなく、来日して間もない学生の姿も見られ、数年後を見越して早めに日本の就職活動の事情を知っておきたいという意識の高さが感じられました。

企業ごとに設けられたブースでは、各企業担当者による経営理念、将来的プラン、具体的な仕事内容などについてのわかりやすい紹介がなされ、参加留学生はそれらの説明に熱心に耳を傾けていました。セミナー終了後、参加留学生からは「人事の方から直接会社について教えてもらえてよかった」「日本で就職することについて、より具体的に知ることができた」「新しい業界のことを知ることができ、大変助かった」などの声が聞かれました。このように留学生に対象を絞った就職フェアの開催については、参加企業からも好評であり、「留学生と直接接点を持つことができ、良い機会となった」という声や「普段は留学生の声を聞く機会が少ないので、今後も継続して開催してほしい」という希望が多数寄せられました。

また、今回のセミナーを通して、留学生の中でインターンシップに対する関心の高さを窺い知ることができました。各ブースでは留学生からインターンシップに関する相談や質問が多くなされ、就職に先立ちインターンシップを経験しておきたいという希望が高まっている傾向にあるようです。

留学生センターでは、これまで本セミナーを通し、留学生と企業の双方に有益な機会を提供できるよう努めてきましたが、今後も会場から得られた声やニーズに耳を傾けながら、留学生と企業とがより広く、より深く交流できる場を設けていきたいと思います。また、留学生教育の面においても、就職活動やキャリアプランを見据えた教育的支援を積極的に行っていきたいと思っています。

参加企業
(株)ノエビア、KYB(株)、(株)大林組、帝人(株)、宇部興産(株)、富士通テン(株)、日本発条(株)、グローリー(株)、(株)ニトリ、富士通(株)、トヨタ紡織(株)、(株)ブリヂストン、大成建設(株)、日本ペイントホールディングズ(株)、沖電気工業(株)、日本モレックス合同会社、ヤンマー(株)、出光興産(株)、コニカミノルタ(株)、(株)クラレ、京セラ(株)、イオンフィナンシャルサービス(株)、ソースネクスト(株)、SGホールディングス(株)、日本電気(株)、(株)阪急阪神百貨店、伊藤忠丸紅鉄鋼(株)、CBC(株)、(株)高島屋、(株)モリタホールディングス【以上30社(順不同)】
その他参加団体
神戸新卒応援ハローワーク、神戸学術事業会、神戸コンソーシアムひょうご神戸、神戸大学キャリアセンター【以上4機関(順不同)】


関連リンク

(留学生センター)