オックスフォード大学東洋学部長が武田学長を表敬訪問しました(6月30日)

2015年06月30日

6月30日、オックスフォード大学東洋学部長のビャーケ・フレレスビック教授が来神し、武田廣学長を表敬訪問しました。懇談には、神戸大学の井上典之国際担当理事・副学長、人文学研究科の増本浩子研究科長、油井清光教授および松本曜教授も同席しました。

フレレスビック教授は、神戸オックスフォード日本学プログラムの実施状況がきわめて順調であり、現在このプログラムに参加しているオックスフォード大学日本学専攻学生10名の満足度も非常に高いことに対して感謝の意を表した後、オックスフォード大学と神戸大学の学術交流をますます盛んにするため、ヨーロッパ日本研究協会(European Association for Japanese Studies)の会長として2016年の国際大会を神戸大学で開催したい旨を述べ、武田学長もそれに協力することを約束しました。

(人文学研究科)