たくさん歩いて、たくさん話して 高校生向けモニターキャンパスツアーを開催しました

2015年08月26日

8月24日(月)午後、高校生向けモニターキャンパスツアーを開催し、高校1~3年生約10人の生徒と保護者が神戸大学六甲台地区を散策しました。

神戸大学の建物から歴史を学び、実際に歩きながら、神戸大学でのキャンパスライフをイメージしてほしいという学生広報ボランティアメンバーの案から実現した初開催の企画。

14時に六甲台本館102教室で挨拶や諸注意の説明があった後、2グループに分かれて、ツアー開始。学生広報ボランティアが主導し、キャンパスを散策しました。六甲台第一キャンパスでは、登録有形文化財に指定されている六甲台本館や出光佐三記念六甲台講堂、社会科学系図書館を沿革や建築様式を交えて説明。鶴甲第一キャンパスでは、教室や人工芝グラウンド、食堂、生活共同組合購買と1年生になじみの深い場所を散策。百年記念館では、そこから見える景色に参加者も思わず感動していました。ツアー中、参加者からは大学全体のことやキャンパスのことなど多くの質問。学生広報ボランティア、職員が丁寧に対応しました。
大移動となりましたが、キャンパスライフをイメージする絶好の機会となりました。

その後は、六甲台本館102教室に戻り、キャンパスライフムービーを鑑賞。神戸大学の4キャンパスや施設、大学ブランド商品、観光名所などを紹介しました。

参加者からは「在学生とたくさん話せてよかった」「自分だけで回るのとは違って、短い時間で大学のことを知ることができ、よい機会だった」「パンフレットやHPでは分からないことを知ることができた」との声がありました。

今回の開催を通して、今後の大学ツアーのあり方を考えるよい機会となりました。

関連リンク

(総務部広報課、学生広報ボランティア)