[国際協力研究科] 国際協力機構の課題別研修『教育行財政』(仏語コース)が始まりました

2015年11月17日

国際協力研究科では、国際協力機構 (JICA) の課題別研修事業「教育行財政―基礎教育の質、内部効率性、格差に焦点をあて―」 (研修責任者: 小川啓一教授) を年に2回、英語と仏語で実施しており、仏語コースが11月5日から始まりました。本研修には、ブルキナファソ、カメルーン、コートジボワール、ハイチ、ニジェール、セネガルの6ヵ国から13人の教育省官僚の方々が、参加されています。研修場所は、本研究科とJICA関西国際センターを中心に6週間の予定で実施されます。

本研修の参加者は、主に本研究科の教員が実施する講義や実習に参加します。本研修では、本学附属中等教育学校を初め、奈良県教育委員会、奈良市教育委員会、奈良県教育研究所、奈良市内と十津川村の小・中学校、鳴門教育大学等を視察し、日本の教育行政や教員養成、教育現場について見識を深めます。本研修では、研修員各自が、自国の教育を改善するための実施計画書を作成することを目標にしています。当該計画書は、研修修了時に発表され、帰国後には自国で活用されることが期待されています。

関連リンク
神戸大学大学院国際協力研究科

(国際協力研究科)